だしを取っている人はどれくらいいるか?

だし解決マニュアル

だしをちゃんと取っているか?その答えは顆粒のだしを使っている人は半分、使い分けている人もいる様ですが、便利に顆粒のだしを使うのもありです。

だし解決マニュアルmainイメージ

新着記事

毎日のことだからだしを考える

毎日の食事の準備で、自分でとるだしだけにこだわりすぎず、インスタントのだしの素を上手に使いわけるというのがよいのではないかと思います。

だしに使う昆布について

だしの素材である昆布は、日高昆布、羅臼昆布、利尻昆布、真昆布などが有名です。

だしを取っている人はどれくらいいるか?

毎日のお料理、主婦の人は家族のために食事の準備をするのは大変なことですよね。

メニューを考えるのも大変、いつでもお買い物にいかなくてはいけないし、買ってきたらそれぞれ調理して美味しいご飯を作らなくてはなりません。

そんな毎日のお料理ですから、それぞれ自分のやり方があって工夫をされている人も多いと思いますが、料理の基本中の基本、だしってどうしていますか?

小学校の家庭科の授業で、お味噌汁を作る時にだしのとり方というのを教わったという人もいるかと思いますが、実際に毎回のお料理でだしを取っている人はどれくらいいるのでしょうか?

実は気になっている人も多いのではないかなと思います。

今は便利な時代で、顆粒でさっと使える和風だし、中華だし、洋風だしが揃っているので、活用している人も多いのではないかと思います。

ちょっと昔はなんとなく顆粒のだしを使うと手抜きしている様なイメージがあったり、塩分が強いなど健康的に良くないと考えられたりもしましたが、今は味も豊富で美味しくなっているし、健康のことを考えられた製品も多く見られる様になっているので、おそらくだしを取らずにこういった便利アイテムを活用している人の方が多いのではないでしょうか?

無添加和風だしの味楽家のように素材にこだわっただしのパックも今では販売されていますので、健康に気を使っている人はむしろ積極的に活用しているのかもしれませんね。

ある調査結果によると、顆粒のだしを使っている人は50%近く、だしを取っている人は30%強、そしてお料理や時間によって、顆粒のだしを使うか、だしを取るかを使い分けている人が残りだそうです。

だしを取らないと恥ずかしい?という時代ではなくなっているのではないかなと思う調査結果だと思います。